プラダンについて

『持続性帯電防止プラダン』と『導電性プラダン』の違いは何ですか?

コーティング材の違いにより表面の抵抗値が異なります。
導電性プラダン(106Ω以下)持続性帯電防止プラダン(1011~13Ω以下)抵抗値が低い程、電気が流れ易くなり帯電しにくくなります。価格は持続性帯電防止プラダンほうがお安くなります。

一覧へ戻る