プラダンの加工について

プラダンの加工にはどんな方法がありますか?

弊社で扱っているシートの加工方法には、以下の5通りのものがございます。
穴あけ加工…プラダンケースにフレーム・コーナーを取り付ける際や、
手がしめ鋲を使用する際等に行います。
角切り加工…プラダン看板の四隅の角を直線でカットします。シートの角を取り、
鈍角にすることで、現場周辺の通行人等が角で切る・ひっかき等の事故を防ぎます。
端面封止…プラダンのカットした断面を熱で溶かして封じる加工です。
プラダンは中空構造なので、カットした断面からシート内部に埃や水が入らないように
加工処理できます。
罫線加工…プラダンを箱などの立体的な形状に組み立てる際に、
綺麗に折り曲がるように対象の位置に折れ線を入れる作業のことを言います。
印刷加工…印版を使い、耐水性・耐候性に優れたシルク印刷ができます。

一覧へ戻る